国際シンポジウム 「スーダン東部における国際学術研究と開発援助事業との協働の現状と課題 ―農業・生計向上・環境分野を中心として―」(2011年9月19日)

日時:2011年9月19日(月・祝)13:30~17:00
場所:総合地球環境学研究所・講演室(京都市北区上賀茂本山457番地4)
共催:総合地球環境学研究所「アラブ社会におけるなりわい生態系の研究」プロジェクト
  :JICA「スーダン国カッサラ州基本行政サービス向上による復興支援」プロジェクト
使用言語:英語
対象:一般(入場無料)

13:30~13:40 「開催趣旨」縄田浩志(総合地球環境学研究所准教授)

13:40~14:00 「総合地球環境学研究所とスーダン科学技術大学との共同研究による外来移入種メスキートの統合的管理法の研究と開発」縄田浩志(総合地球環境学研究所准教授)、Abdel Gabar Babiker(スーダン科学技術大学教授)

14:00~14:20 「紅海州における海洋研究と沿岸域開発の現状」Abdelgadir Dafaalla(スーダン紅海大学海洋研究所教授)、Abdelmoneim Karamalla(スーダン紅海大学海洋水産学部講師)

14:20~14:40 「SATREPS事業によるガダーリフ州半乾燥地帯の天水農業システムの研究:ローカルからローカルへの技術移転に向けて」石山俊(総合地球環境学研究所プロジェクト研究員)、縄田浩志(総合地球環境学研究所准教授)、Mutasim Mekki(スーダン科学技術大学准教授)、Mussab Hassan(JICA SATREPSスーダン現地職員)

14:40~15:00 休憩

15:00~15:20 「JICA「スーダン国カッサラ州基本行政サービス向上による復興支援プロジェクト」について」田中清文(国際開発センター)

15:20~15:40 「カッサラ州の開発:財務省が果たすべき役割の現状と課題」Musa Mohamed Osheik Ibrahim(スーダン国カッサラ州財務省総局長)、Gamal Mohamed Elhassan Osman(スーダン国カッサラ州財務省計画・開発局長)

15:40~16:00 「スーダン国カッサラ・プロジェクトの農業・生計向上分野の課題」古賀直樹(国際耕種株式会社)

16:00~16:20 コメント:宍戸健一(JICAアフリカ部参事役、前JICAスーダン駐在員事務所長)

16:20~16:30 コメント:重田眞義(京都大学アフリカ地域研究資料センター長、日本ナイル・エチオピア学会会長)

16:30~16:40 コメント:嘉田良平(総合地球環境学研究所教授)

16:40~17:00 総合討論